Live an easy blog☆

プロボディボーダーの田中圭です。 ボディボードのことや日々の出来事など。。。 気ままな日記を書いていきま~す☆

スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

地球温暖化2007.02.14

ここ数年、地球規模で起こっている地球の温暖化。
原因は、温室効果ガスである、二酸化炭素の増加。

こいつが沢山排出されて、地球を覆い、逃げるべき熱がこもってしまって、
起こるこの地球温暖化。

それの現状を映画や本で伝えている、
『不都合な真実』
の本を読みました。

現在の置かれている現状とその予想と対策事項などを刻々と書いてありました。

このままだと、50~70年後には、北極の氷が全部溶けて海面が6m上昇するそうです。
これはウソでもなく、真実のようです。

地球温暖化の原因について発表されている論文はかなり沢山あるらしいけど、
その共通認識は、『人間自身が招いたこと』ということらしい。


http://www.climatecrisis.net
このホームページに、自分が年間に出すCO2量を計算出来るところがあって、
俺は、5.2tonだった。(アメリカ人の平均が、7.5tonらしい)


先進国である日本は、先進国としての責任もあるし、一個人としても、
これから真面目に考えないといけない事だと、本を読んで感じました。

だって、地球は一つしか無いし、次世代に残せない環境は作りたくないから。

色々と考えさせられた本でした。
Desktop-6.jpg

スポンサーサイト

Comment [0] | TrackBack [0]

硫黄島からの手紙2006.12.11

一昨日から公開した映画、
『硫黄島からの手紙』を見ました。

この映画は2部作になっていて、前編はアメリカからみた硫黄島の戦いについて。
そして後編は日本からみた硫黄島の戦いについて。

前編である、『父親達の星条旗』は見ずに
この後編を見たので、前編との繋がりは分からないけど、

とても考えさせられる映画でした。

この映画の内容はもちろん事実に基づく物語。
戦争というものが、どういうものなのかをこの映画の中で描いています。
詳しくは書かないけど、ここで表現されているのは事実であって、
実際に日本軍が行って経験してこと。

誰もがそう思っているだろうけど、
戦争はやってはいけないものだというのが良くわかりまた。
この過去があるからこそ、今があって人間は同じ過ちを侵してはいけないんだ、
って思いました。

前編を見逃したので、DVDで出たら見ようと思います。
時間がある人は見た方がいいですよ~!!
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
ioujima2.jpg

Comment [0] | TrackBack [0]

応急手当講習2006.09.16

今日は会社講習の一環で、
応急手当講習があり、
半日掛けて近場の消防署まで行き、救急隊の方々の講義を受けてきました。

講習の内容は、
1.応急手当の基礎知識について
2.救急手当の実技
  心肺蘇生法、止血方法、異物の除去等
3.AEDを使用した応急手当

過去に心肺蘇生や止血方法はやったことがあったけど、
AEDは初めて。AEDはここ数年で広まってきた、誰でも使用出来る簡易電気ショック機器。
今は駅や空港等、共用場所に設置されるようになってきていますね。

久しぶりにやった心肺蘇生法は、多少は覚えていたけど、やっぱりスムーズにはいきませんでした!
何をどうやって確認したらいいか?などなど、戸惑いました。。。

で、AEDの実技もやりましたが、かなり簡単でした。
ボタンも電源と処置ボタンの二つしかないし、全て音声で指示、解析もしてくれるので、
ほとんどやることはなし。
これは誰でも使えるでしょう!!

久しぶりにやった感想は、定期的にこういったことを練習することが必要かな。と思いました~。
実際にいつこういった場面に出くわすかわからないし、
頼れる人が常にまわりにいるわけではないですし。
しかも、海に携わるスポーツをやるものとしては、特にそう思いました!!!

でも、極力こういうことを実施しなければいけない場面が起こらないことを祈ります。。。

060915_2303~0001.jpg

Comment [2] | TrackBack [0]

10歳からの能力主義2005.12.13

日経ビジネスに、こんな記事が載っていました。
一面には、幕張メッセで約4000人の小学生が受験している写真でした。

最近の中学生受験が過熱している、といった内容の記事でした。

今の小学生は学校が終わると塾に行く。
塾が無い日は塾についていく為に家庭教師と一緒に勉強。
夏休みや冬休みは夏冬講習。

更に、私立中学校に入ると、
授業について行く為に塾と家庭教師で勉強する。

こんな小学生や中学生が急増しているらしい。

背景には現代の学校教育のありかたが不安だということがあるらしい。

だけど、これって本当か???
親の自己満足の為じゃないのか??
子供は本当に行きたがっているのか???
子供の為を想っているのか???

僕は東京の田舎出身だし、10数年経っているから違うかもしれないけど、
小学生の頃は、家に帰る前に学校で遊び、
家に帰ってから、近所の友達と、
サッカー、野球、釣り、虫取り、警泥、ファミコン・・・などして遊んでいた。
勉強なんてほとんどしていなかった気がする。

自分の経験したことがベストとは思わないけど、
小学生にしか出来ない事はやってきたと思う。

小学生はまだ子供だと思うし、自分の本当にやりたい事なんて、
まだ見つけれる年齢じゃないはず。
小学生は好きな事をいっぱいやらせてあげて、
笑って、怒って、怪我して、泣かせてあげたらいいと思う。

やっぱ、違うと思うなぁ。。。
20051214002434.jpg

Comment [1] | TrackBack [0]

生まれ来る子供たちのために2005.11.03

『生まれ来る子供たちのために』
     20051103000824.jpg

多くの過ちを僕もしたように
愛するこの国も
戻れないもう戻れない

あの人がそのたびに
許してきたように
僕はこの国の明日をまた想う

ひろい空よ僕らは今どこにいる
頼るものは何もない
あの頃へ帰りたい
ひろい空よ僕らは今どこにいる
生まれ来る子供たちのために
何を語ろう何を語ろう

君よ愛する人を守りたまえ
大きく手を拡げて
子供たちを抱きたまえ
ひとりまたひとり
友は集まるだろう
ひとりまたひとり
ひとりまたひとり

真白な帆をあげて 旅立つ船にのり
力の続く限り
ふたりでも漕いでゆく
その力を与えたまえ
勇気を与えたまえ


先日のドラマ「火垂るの墓」のエンディングテーマです。
1979年にオフコースが出した名曲をミスチルの櫻井さんが歌っています。

過去にしたことはもう変えられないけど、
これから先にあることは、自分で少しは変えられるはず。

この曲はiTMSのみで11/30まで配信(200円)しています。
1ヶ月間の限定配信なのでiPODを持っている人はダウンロードしましょう!

Comment [2] | TrackBack [0]

Photo by Futta.NET / Template by ooq:blog
Powered by

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。